FC2ブログ

85y・K5ブレイザー フロント足廻りメンテナンス

まいど、オカノです

今回は、K5ブレイザーのフロントハブ廻りのメンテナンスをご紹介します。



お預かりした車両は、85年式のキャブモデルですが、、、
外装、内装共にスーパークリーン!!
きっと大事にされていた車両と思われます^ ^

今回は、発進時にフロントから異音がする・主にトランスファを4WDに入れている時に発生するとの事です。

この年代のK5は、フロントもリヤもフォーシング(車軸懸架式のデフ)が使われています。
リヤは真っ直ぐ回転するんですが、フロントはもちろんステアリングがありますので、少し複雑な構造になっています。
加えてこの車両には、純正でオートフリーハブなる機構が付いています。
2WD走行時には、フロントハブのみを完全にフリーにして、燃費の向上を図るのがオートフリーハブです。オートの名の通り、純正では自動的に切り替えが行われています。
今回の症状は、このオートフリーハブの作動不良と判断しました。

パーツを調べたところ、社外品でマニュアルロッキングハブがあり、それを装着することに決定
WARN社製・プレミアムってやつで、オール金属製です!樹脂製もありましたが、劣化で割れるのがイヤなので・・・



ゴールドな姿が、車両にもマッチするでしょう



メンテナンスの為に、ついでに消耗品を交換しておきましょうとなり、各ベアリング・シール・ジョイントも全交換です
ここまですれば、安心ドライブです^o^





分解時は、やっぱりサビとの闘い・・・
なかなかスンナリ進みません
ハブベアリングのナットは特殊な型なので、自作のSSTで挑みます^ ^







キレイに外れました
これさえあれば、調整装着時もラクラクです!
特殊工具の製作は、日常茶飯事ですね











アクスルシャフトのユニバーサルジョイント
アッパー・ロアのボールジョイント
ハブベアリングのインナー・アウター
スピンドルベアリングとシール
などなど、まとめて交換させて頂きました。
サビも出来る限り落とし、ブラック塗装!
キレイになりました





パッと見、純正ぽいのがいいですね~(^ ^)

触媒コンバータの交換とA/Cガスチャージも行いました!ありがとうございます!
写真は思いっきり忘れました!スイマセン(^_^;)
H様、ありがとうございます!

80年代でお困りの型、どうぞご相談ください!
加工・溶接は得意なほうです




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bal4s

Author:bal4s
いつもバル・フォーエスブログを御覧頂きありがとうございます!修理、整備、車検、電装、カスタムなど日々工場での作業や出来事をお伝え出来ればと思っております。新規のお客様も御遠慮無くお問合せ頂ければと思います!がんばって更新していきますので宜しくお願い致します(*^^*)
旧ブログをご覧になる場合はBALエキサイトブログからどうぞ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR