FC2ブログ

C-1500 ブレーキ強化カスタム

どうもオカノです

今回ご紹介する作業は、ブレーキです。
C-1500・タホ・サバーバンにお乗りの方々、ブレーキがショボいと思った事ありませんか?
特にブレーキペダルを踏み込んだ時のタッチがボヨンボヨン・・・
カチッとしていない、あの感じ。
実際オカノも若かりし頃、初めてC-1500に乗った時、前の車に突っ込みそうになった記憶があります。

今回依頼されたC-1500にお乗りのT様も「このタッチ、何とかならへんかなぁ」という事で、オカノの出番となりました





ボヨンタッチの原因は、マスターバック本体の作りにあります。
マスターバックとは、制動力倍力装置の事で、このお車はエンジンの負圧を使うタイプが採用されています。
マスターシリンダーの付け根に付いているのが本体です。
人間の足が踏む力だけでは、とても車を止める事が出来ないので、踏力をアシストしてやる役割です。
今回はパワステの油圧を使うタイプの、ハイドロブースターに変更します

まずは、パワステポンプの変更です。



こちらが元々付いていたパワステポンプで、ポンプとリザーブタンクが一体になっています。今回のシステムには適さないので変更です。



使用したのはアストロ用のポンプ
ポンプとタンクが別体になっているタイプです。

続いて、装置本体の取り付けに掛かります。



マスターバック本体です
くたびれたご様子・・・



こちらが今回搭載される、ハイドロブースターです。
アストロなどのスペースの限られている車や、C-3500などの明らかヘビーな車に採用されています。

ブラケットの製作です





純正と同じように、スプラインボルトを使ってあります。回り止めのツメも作ってあるので安心です。いい出来です



シリンダー脱着するのに、ナットがデカ過ぎて工具が無かったので、作ってみました



本体の準備完了。
ロッドの長さも変更してあります

お次は、配管廻りの改造。



材料は、やはりアストロ用のものが多いんですが、もちろんそのまま使える訳は無いので、製作です。
高圧ホースには、かなりの圧力が掛かりますので、溶接も抜かりなく

リザーブタンクもマウント出来ました。





リザーブタンクからポンプへのリターン側の配管。
長過ぎて宙に浮いてしまうので、一部ロッカーカバーにマウントして対処

完成です



マスターシリンダーも交換済みです。
ピカピカですねぇ

試乗してみた所、バッチリです。
このカチッとしたタッチ、いいですね~
ブレーキめっちゃ効きますよ

今回は電動ファンへの変更も行ないました。



エンジンが軽く回るようになります。
こちらもオススメの改造ですよ

ノーマルではこんな鉄の羽根が回りっぱなしなんで、そら燃費悪いっすよね・・・



いい感じに仕上がりました
T様、ありがとうございます。

ブレーキ何とかしたい方、ご相談下さい



あっ、トラックマスターズ四国&うどん弾丸ツアー、エントリー募集中です。早急にご連絡下さい
6/30(日)です。
トラマス四国は僕も初めてですが・・・宜しくお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

凄い。。。 ブレーキ踏んでみたい!
プロフィール

bal4s

Author:bal4s
いつもバル・フォーエスブログを御覧頂きありがとうございます!修理、整備、車検、電装、カスタムなど日々工場での作業や出来事をお伝え出来ればと思っております。新規のお客様も御遠慮無くお問合せ頂ければと思います!がんばって更新していきますので宜しくお願い致します(*^^*)
旧ブログをご覧になる場合はBALエキサイトブログからどうぞ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR